Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

僕の好きな「白洲次郎」


ご存知の方も多いかと思います、


戦後吉田茂と共に敗戦処理に、そして政治の表舞台に出ることなく、


戦後の日本のために奔走した男です。


占領軍であるアメリカと対等に渡り合った男、


また、唯一「マッカーサー」を怒鳴った人物としても有名です。


僕はこの男が好きで好きでたまらないのです。


詳しくは、色々と彼に関する本が出ているのでお読み頂ければと思います。



やんちゃで暴れ坊、手の付けられない喧嘩ばかりの中高生時代、


ただ弱いものいじめは決してせず、正義感が人一倍強かったそうです。


また白州家は裕福でもあり、そんな訳(暴れん坊)で親から


イギリスのケンブリッジかオックスフォード大学へ留学させられます。
(どちらか忘れました・・・・)


留学中の逸話でとても印象に残ったことがあります。




試験の結果が戻ってきた時に、点数が非常に悪かったそうです。


相当に勉強した彼としては不本意、


そしてその教授に、「何故、こんな点数なのか」


教授曰く、「解答には君の考えが全く何も入っていない」。


これを読んだ時に、「あ〜これだよなぁ〜」。


それまでの「次郎」は典型的な日本人だったのだと思います。


勉強してきたことを、教えられたそのままのことを解答する、


それが日本であれば満点であり、優秀な学生。


けれど、海外ではその個人を、個人の考え方を重要視する。


自分自身がどう考えて、いかにしてその結論に達したのか?




今の日本、日本人は「没個性」が主流、


そして未だに社会でも、どの会社でもこの「没個性」が主流のような気がします。


とんがっていると、ヤスリでまぁ〜るく削られていくような・・・。


まるで、「Hip to be Square.」



「日本人は何を考えているのかわからない」、と言われているのも、


これが原因の一つかとも思うのです。




戦後の混迷した時代に活躍し国際感覚に優れた、


そして己の利益など全く考えなかった人物・・・、


「白洲次郎」という男・・・永遠の憧れです。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。