Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

どうなることやら・・・です。

今週もあと1日で終了・・・。



会社は年度末ということもあり、なぁ〜んか皆バタバタ・・・落ち着かない。


突発的なクレームや不具合も発生している状況。


ましてこの8月にこの部署は福島へ移転予定・・・あくまで予定。


僕も8月くらいまでだったらいいかと承諾した派遣の仕事。


ただ来年の3月まで延長して欲しいとの意向、え?って感じです。


そのあと社員になんて話もチラホラ聞こえてきている。


だからぁ〜会社や組織、縛られるのが嫌で、


自分で始めた仕事(ティシャツ )なんだから、そりゃ無理・・・っていうもの。


今の仕事テンポラリーだから耐えられるけど、社員になったら無理だって!


なんて喉から出かかったけど、ま、一応飲み込んで、


「有難うございます、少し考えます」と言っておいた。


ど〜なる事やら・・・です。


PS
でも考えてみたら、この歳で社員になんて、なんと有難いお言葉ですよね。
ありがたや・ありがたや!

電通の鬼十則・・・です。

1・仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。
2・仕事とは先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3・大きな仕事と取組め! 小さな仕事は己を小さくする。
4・難しい仕事を狙え! そして成し遂げるところに進歩がある。
5・取組んだら放すな! 殺されても放すな! 目的を完遂するまでは...
6・周囲を引きずり回せ! 
  引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。
7・計画を持て! 
  長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8・自信を持て! 
  自信が無いから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚みすらがない。
9・頭は常に全回転、八方に気を配って、
  一部の隙もあってはならぬ!! サービスとはそのようなものだ。
10・摩擦を怖れるな! 
   摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。でないと君は卑屈未練になる。


これを作ったのが、電通4代目・経営者の吉田秀雄、広告の鬼として知られている。


僕がこの本を読んだのが、確か日本に帰国した30代前半の頃。


衝撃を受けた本であったのを今でも覚えています。


おおよそ仕事とはこのようなものだと今でも思います。


今の世の中働き方改革や、電通や他の会社での自殺者の問題等で、


働き方が見直されている時代。


自殺者が出るような働き方は当たり前見直すべきかとも思いますが、


仕事に向き合う心構えとでもいうのでしょうか、


おおよそ「プロ」とはこのような考え方を心の奥底に秘めてもいいものでは


ないかと思います。


こういう人を最近あまり目にしないなぁ〜と思う今日この頃です。






やっぱりおかしい(愚痴です・・・すいません)

僕は昔から「銀行」というところが大嫌い。


働いている人がどうのこうのではなく、あの「銀行」というシステム。


今月の初めに、ある銀行からハガキが一通。


「大分以前から入出金がないので、一度連絡させて頂きました」との文面。


おりょ、結構入っている・・・うひゃ〜小遣い増えたぁ〜なんて思って、


この銀行に口座があることすっかり忘れてた。


忘れている自分が悪いと言えば悪いのだが・・・。


ハガキと身分証が必要とのことだったので、


文面通り、書類と身分証を揃えていそいそと銀行へ・・・。


口座廃止には「ハンコ」とどちらかの銀行の口座に振り込むので・・・手数料が必要。


ハンコ? 百均のハンコでも構わないという・・・なんといい加減な・・・。


ましてそんな記載ないし!


銀行員は、「分かりづらくて大変申し訳ございません・・・・」とさ。


心の中で、


「あのさぁ、そんなどうでもいいハンコなんて形式的なことでしょ、


 そんないい加減なのであれば、サインか拇印でも構わないんじゃないの?」


「まして、なんで今すぐここで引き下ろしができないわけ?」


「何で手数料払ってわざわざ他行の口座に振り込むわけ」


全くご自分たちの「ご都合」ばかり前面に押し出してくる。


 
もう本当に「銀行」というところは旧態依然としていて、全く顧客目線ではない。


銀行自体のATMだっていまだに24時間営業ではないし。


オーストラリアの銀行なんか30年以上前から24時間営業だよ〜ん。


あ〜久々にあったまきた!


              すいません・愚痴でした。