Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

「英語」のこと

色々なブログを読んでいると、結構話題にのぼるのが英語のこと。


それぞれやり方があっていいし、「これが正解」なんてものはないと思います。


ただ僕が思うに、


日本人の一番の弱点は、「真面目」さ・・・です。


中学・高校・大学受験で嫌という程「文法」を学んでしまった、


それがネックになっている気がします。


頭の中で「文法的に完璧じゃないと!」


僕もそうですが、日本語を喋るときに文法、気にしませんよね?


それと英語も一緒だと思うんです。



問題はヒヤリング、これ日本語にはない発音があるのでとりわけ聞き取りにくい。


アドバイスできることがあるとすれば、


「語彙を増やす」ことだと思います、特に「動詞」。


「This is a pen」これ簡単に聞き取れますよね? 


これなんで聞き取れるかって言うと、「単語自体」を知っているからなんです


逆に言うと、「知らない単語は聞き取れない」と言うことなんだと思います。


日本語だって聞いたことがない「単語」は 「え?」ってなっちゃいますよね。


英語耳とか周波数が違うとか言われてますが、僕はそうではないと思っています。


単語の中で一番大切だと思うのは、「動詞」、英語と日本語の最大の違いは、


日本語は往々にして結論が一番後にきます、が、英語の結論は主語の後にすぐきます。


なので、「動詞=結論」がわからない(知らないと)と、


その文全体を把握できなくなるのです。


形容詞・副詞、名詞も大切ですが、覚えるのは最後で構わないと思います。



あとヒヤリングで難しいのは、子音と母音がくっついて発音されると言うこと。


合理的な人種ゆえ、長文は面倒臭いのだと思います。


例えば、and  I   通常 「アンド アイ」、


これが 「アンダイ」に変わってしまいますす。


これ知らないと、一気に脳みそがパニックを起こします。


なので、これに続くフレーズ(文章)なんて聞いちゃいない・・・・


アンダイ・・・アンダイ・・・・アンダイ この言葉が脳みそを駆け巡る。


なんだこりゃ、聞いたことがない単語・・・真面目な日本人は「流す」と


言うことをしない・・・のです。


んじゃ、どうすればいいのよ! って感じですよね。


僕の場合、好きな映画を何度も見ます、最初の一・二回は日本語の字幕スーパーをみて


日本語を最初に理解し、同時にストーリーを覚えます。


そして、俳優が色々な場面で何を言っているのかを大体の感じで掴めたら、


字幕スーパーを消します。


大体のヒストリー、セリフは頭の中に入っているので、英語のセリフに集中できます。


あ〜こうやって言ってるのか〜、ふ〜ん、こんな言い方があるんだぁ〜とか。


もし英語を聞き逃したり、なんて言ってるのかわからないときは、


英語の字幕スーパーを活用します。


比較的新しい映画は日常的に使っているアップデートされた英語です。


ただ映画の場合、当然辞書に載っていない訳をしています、


そのシーンにあった、映画全体の方向性を加味して、それを日本語に落とし込んで、


翻訳(意訳)をしています、ただしこれは慣れればわかってきます。


ってな感じです。(翻訳家の「戸田奈津子」氏の翻訳はさすがです!)


後、「喋り・Speaking」ですが、「英語での独り言」が結構効果があります。


考えて、声に出して、それを耳で聞いているので、意外と効果があるみたいです。


知っている単語を駆使してくださいね。それだけでも十分、本当に十分です。




蛇足です・・・

海軍を退役した友達(JIM)が言ってましたっけ、(英語の話題の時)


JUN(僕)そういえば、黒人の英語(特に発音)って難しいよね?
     スラングも多いし・・・。


JIM 「俺、黒人の英語わからん・・・、彼らの英語は機関銃だから・・」


JUN え? ・・・・ ???


(内心)あんたらがわからんかったら、日本人のおいらにわかるはずもなかろうが!



蛇足です・・・2


「NEWS」って言う単語、ご存知だと思いますけど、


これ、「North・East・West・South」の略だそうです。


東西南北から集まって来るもの、それが「ニューズ」だそうです。







目の前の「壁」

生きているとよく「壁」にぶち当たることってあります。


僕も幾度となく・・・です。


これ、「とにかく動いてみる」のブログと似たような話なんですが、


その「壁」が果たして、「厚いの」か、「高い」のか・・・


これ、結局自分自身がその壁の「厚さ」や「高さ」を決めちゃってるんですよね。


そりゃそうですよね、「壁」=「問題」自身が勝手に決めている訳じゃない。


僕にはこんな経験があります。


大学中退後、就職もしたくないし、でもフラフラしていられないし・・・


ってことは海外へ逃げるしかない・・・笑い。


親の手前、これだったら理由付けになると。


でも当時、まだまだ海外なんて、まして「オーストラリア」なんて田舎だし、


情報なんてほとんどない時代、インターネットなんてない時代ですからね。
(今の若い人たちには想像もできないでしょうけれど)


いわゆる「地球の歩き方」=「地球の迷い方」って本が刊行されていただけ。


バイトしながら情報を収集し、大使館へ行ってビザを取って、航空券を買って


いざ出発・・・さすがに「ビビり」ました・・・本当にビビりました


それまでにもなんど中止しようと思ったことか・・・。(これ「壁」なんですね)


知り合いはいない、友達はいない、お金は70万円しかない。


(100万は1年間必死でバイト掛け持ちして貯めたお金、当時航空券代30万高い!)


到着日のホテルも決めず・・・


ゴールドコーストで波乗りでもすればいいと「テケトー」に考えていました。


いざ空港へ、カンタス航空へ乗り込む。当たり前外人だらけ(僕が外人ですが・・・)


周りは「英語」だらけ・・・。(当たり前英語なんて・・・全然わかりません!)


「やべっ、乗っちゃった」。(見栄っ張りなんですねぇ)


友達が空港まで見送ってくれているので、「撤退」なんて有り得ない・・・絶対に!


飛行機もお初・・・わぁ〜い飛んだ・飛んだ・・・んな呑気なこと言ってらんない。


スッチー( CAですね)も当然オージー・・・・英語でメニュー聞かれ・・・・???


約8時間後の早朝に「ブリスベーン空港」に到着。


当時カンタス航空に乗っていた日本人は僕ともう一人のビジネスマンだけ。


約20年間生きてきて、これほど「びびった」ことはありませんでした。


この「ビビり」が一種の「壁」なんですね、ありもしないことを色々と頭の中で想像、


推測して、心が、体が「shrink」(萎縮)してしまう。


ブリスベーン空港到着後、乗ってきた飛行機で日本に帰ろうかと真剣に考えました。


ま、でも折角だから、外の空気でも吸ってちょっと考えるか!


と思い空港ロビーから一歩足を踏み出した時、


「サンシャインステート」と呼ばれるだけあって、眩しいほどの陽の光、


そして抜けるような青い空、それが僕に勇気を与えてくれました。


びびっていたことが嘘のように、「一年くらいここでやってみっか」


そんな気持ちにさせてくれた「太陽と青空」でした。



長くなってしまい申し訳ありません。



こんな経験を通して、やっぱり「壁」って自分自身で「高さ」や「厚さ」を


決めてしまっているんだろうな・・・と。


それ以来、壁があっても「ひょい?」と超えられるようになりました。


「目の前の壁、意外とご自身の想像上の産物かも知れません!」










相対性

相対性と言っても、相対性理論ではないですよぉ〜


そんな難しいことはよくわかりません・・・。


「高い」の反対は「低い」、「暑い」の反対は「寒い」


何気ないこの反対語、物事全て相対性なんですよね。


「陰と陽」「表裏一体」なんて言葉が昔から日本には有ります。



「身長が低い人」がいるからこそ、「身長が高い」ことが理解できる。


「暑い日」があるからこそ、「寒い日」を感じることができる。


生きていると、辛いことや悲しいこと沢山あります。


時には死んでしまいたくなるような出来事も。


でもこれ、冷静に見てみると、悲しいことや辛いことがあると、


「嬉しいこと」や、「楽しいこと」が一層輝く・・・と思います。


全部ごちゃまぜの人生、色々ありますが、楽しんで行きましょうョ!



PS、


そういえば、「宇宙」って上下左右” が存在しない・・・・


果たしてこの相対性が通用するのか・・・な?