Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

潜在意識はつながっている?

新興宗教でもなく、怪しい教団の話ではなく、気軽に読んで頂ければと。


確か、あの船井総研の「船井幸雄」が書いた本だった気がする。


経営コンサルタントとして有名な方。


題名は、「100匹目の猿」、京セラの稲盛和夫も絶賛の帯がついていた気がする。
(だからと言って、すごい本だとは思わない・・・)


はるか昔に読んだ本であるので、これも記憶の彼方だけど、


とても印象に残った一文があったので、今日はそれを。


とある所に住む猿が、ジャガイモを海水に浸して食べることを思いついたのか、


手に持っていたのが、たまたま海に落ちちゃったのかは覚えてないけど。


ジャガイモそのものだけではなく、海水という「塩」で味付けすると


美味い!とでも思ったのでしょうね。


ここで終わってしまうはずがない・・・・


その場所から遠く何千キロと離れた猿も同様のことを。


彼曰く、たまたまなのか、いや動物(人間も含む)の潜在意識は


どこかで繋がっているのではないかと結論つけたのです。


その理屈や理論は忘れてしまいました・・・肝心なこと、すいません。


ただ実際には、初めに報告されたニホンザルの逸話は創作だと報告されていて、


事実は証明されてもいませんが・・・・。


ただ不思議なことに


これと似たような話で、日本にも昔からある「浦島太郎」や「かぐや姫」等々の


日本昔ばなし、これと同じような物語が世界各国にも存在すると聞いています。


日本など特に長い間鎖国をしてきた島国、


海外からの交流(長崎の出島)以前からあるものだと思うのです。


いいや遣隋使、遣唐使それ以前からある?


文化や言葉が異なろうが、


人間だから似たような話を創造するのか、潜在意識が成せる技なのか?


ま、何れにしても人類全体の潜在意識が繋がっているのであれば、


地球上全ての人に、そして生きているもの達全てに幸せが訪れるよう


願えば、それはそれで実現可能ではないかと思う、今日この頃・・・。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。