Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

「センス」>「努力」???

人が持つ、色々なセンス・・・。


運動センスがある人、アートセンスのある人、多種多様だと思います。


けれど、ふと考えると、


「努力」が「センス」を超えられるのか? と言うことです。


一つ前のブログでテニスの話をさせて頂きました。


高校の時の話ですが、体育会と言っても練習に出る・出ないはある程度自由。


僕は365日やってました、中には週3〜4日程度の人もいるのですが、


そう言う輩に限って、週7日もやっている僕と比べても遜色なく


何事もこなす・・・のです。


下手をすると、彼の方がうまい時も・・・・。


僕の持論、スポーツはやはり時間をかけて反復練習をし、


体にその技術を染み込ませる=身体が勝手に反応するまで。


その差(染み込ませるまでの時間の長短)が「センス」となっているのか??? 


もしくは「集中力」の差か・・・???



凡人は努力するしかないものの、センスとはそう言うものなのか? 


王貞治が言っていた言葉でしたかね?、人は「1%の才能と99%の努力」。


なぁ〜んか一流の人に言われても、逆に説得力ないなぁ〜と思ってしまいます。


特に、アート、配色だとか、こればかりはどう努力しても超えられない一線が


あるような気がしてなりません。


果たして、「努力」は「センス」を超えられるのか?・・・・???

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。