Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

ポジティブ・2

思考⇨言葉⇨行動(具現化)


人が何かを実現させたい時の単純な過程です。


何かを望むのは思考から始まりますよね、


あ〜こういうことしたいなぁ〜とか、こうだったらいいのになぁ〜とか。


そしてそれを言葉にする、友達と話してみたり、家族と、時に独り言だったり。


それを聞いて、脳が再確認して行動を起こす。


最終的に結果として考えたことが具現化する。


なので、ネガティブな思考からはネガティブな結果しか生まれません。


逆も然りです。


実は「あ〜したい、こうなりたい」と言うのは「ネガティブな思考」なのです。


おいおい、またこいつ妙なこと言い出したぞ! って思われると思います。


以前このブログでも掲載させて頂いたのですが、


では何故これがネガティブなのか?


簡単です、今の自分がそうでないと言う現状・思考から生まれた思考だからです。


簡単な例をとれば、


痩せたいと思う・・・今の自分は?


お金持ちになりたいと思う・・・今の自分は?


これは「思考を支える思考」と呼ぶそうです。


思考の着眼点が既にネガティブなのです。


では、どうしたらこの発想(思考)から抜け出せるのか?


一番最初に記述した順番を逆にすればいいのです。


行動⇨言葉⇨思考の順番に(脳を騙すことなんだと思います)。


行動=自分の考えていることがまさに叶っている状態をイメージして行動する。


言葉=イメージと行動ができていれば、言葉自体もポジティブに変化していきます。


思考=行動と言葉のイメージができていれば、思考は後から付いて来ます。


これを習慣化すると、逆も容易くなるはずです。


「よ〜し、こうなってる!」って感じです。


スポーツの世界でもイメージトレーニングの効果が実証されていると思います。


これと同じことなんだと思います。


大切なのは、イメージをより具体的にすることです。


前述した「お金持ちになりたい」とかは、かなり漠然としていますよね、


お金はあくまでツールであり、目的とは異なります。


目的とは、お金持ちになって何をしたいか? です。


よく言う、英語を喋るようになりたい・・・と同じことです。


英語もあくまでツールで、英語を使って何をしたいのか? と


具体的にです。


僕はこのパタンで数回自分が考えていることが、具現化しています、


当時の僕には想像できないくらいに・・・です。


僕の場合は、自然とこの思考法が備わってたいらしい・・・のです。
(多分前世ラテン系だったのでは?と思います・・・笑)


なので、この年齢になって「検証」ができているのだと思います。


ただ厄介なのが、この想いに「時間軸」があると言うことです。


想いが強ければ強いほど、具現化の時間は早まり、


弱ければ弱いほど時間が必要となると言うことです。


最後に、僕は宗教には一切興味はありませんし、自己啓発本も


ここ数十年読んだことはありません(若い時は読みまくりましたけど・・笑)


ただ単に実体験としてお話しているだけです。


ご興味があれば、実践してみる価値はあると思います、ただそれだけです。










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。