Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

AUS・珍道中記・vol.2

AUS版「新婚さんいらっしゃい」は結構好評のようでホッとしています。


余りにも「下ネタ」が多いので辟易していらっしゃると思いきや、


アクセスが普段の倍以上となるのです・・・こりゃ驚いた・・・です。


普段は隠れて見えない人間の原点みたいなものだから・・・かな?とも思います。


今回は新婚ではなく、とあるカップルにあった話で余りにもリアル過ぎてしまって。



不倫旅行だったのだと思います。


(不倫をあ〜だこ〜だと言うつもりは一切ありません)


女性は見るからに若く、失礼ではあるが側から見てもど〜もつりあわない。



不幸にもホテルで男性が確か「心臓発作」か何かで急にお亡くなりなってしまって。


他殺の可能性もあるので、病院でない以上は当然現地の警察が介入します。


こんな時にも通訳やら諸般の対応をしなければなりません。


女性に何を聞いても対応出来る筈も無く右往左往するばかり。


不倫で英語で何て言うんだ?  Immorality Love affair  か? 


(こんなことを積み重ねていると、しょーもない英語ばかり覚える・・・笑)


最終的に事件性はなく、警察は引き上げ我々はその後の対応に追われる始末。


ご遺体を冷凍にして航空機で運ぶのか、


火葬にしてどなたかが一緒に日本へ連れ帰るのか・・・・・。


この件で日本の家族に連絡を取っても、「そちらで勝手に判断して下さい」。


え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・ですよね。


ご遺族のお気持ちも理解できなくはないですが、


止むを得ず、ご遺体を冷凍にして航空機で日本へと言うことになるのですが、


どうやって???? このようなケースは初めて。


色々なところに連絡するも・・・「そう言ったケースは・・・」とのこと。


最後は日本でも最大手の「ほにゃらら通運」さんにお願いすることに。


やはり運ぶことの「プロ」ですね、二つ返事で「わかりました」でした。


空港までお見送りして・・・落着です。



教訓その3


不倫をするなとは言いませんが、


「それ相応の覚悟とリスク」を背負うことをお忘れなく・・・です。















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。