Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

AUS版「新婚さんいらっしゃい」・vol.4

強烈な印象を残してくれた話題は前回までの3回・・・。


まだあるのですが、時効とはいえ公にはできない・・・けど・・・公にしたい・・・。


でもできない・・・すいません。



今日は「え〜〜〜〜??なんで」みたいな話です。



1・よく南国のホテルにある、天井にぶら下がっているシーリングファン。


  あれに頭をぶつけて救急搬送。


  あれって結構高い場所にあるので、どうやったら頭をぶつけるの?


  う〜ん、悩む。



2・シャワールームでお尻をざっくり・・・。


  こちらも救急搬送・・・。


  何をやってたんだか・・・う〜ん、悩む。



3・空港到着時の必ずと言っていいほどの質問。


  「幾ら両替したらいいですかね?」


  あなたが幾らお持ちで、何に使うかは僕には分かりませ〜ん!


  と、心の中で呟いているものの、


  笑顔で・・・


 「街中やホテルでも両替可能なので、1〜2万円分でいいんじゃないですか〜」


  空港や街中の両替率が比較的いい、ホテルが一番最悪の両替率・・・。


  この時代カードはまだまだマイナーな時代、それこそトラベラーズチェックが


   一番安全な携行マネーでした。


4・パスポートを紛失・・・


  命の次に大切なもの、それは海外に於いてはこの「パスポート」


  土日が絡むと、領事館や大使館は当然の如く閉館、


  下手をすると再発行に一週間程度、


  最も短くても3日程度の一時渡航許可証なるものを発行してもらう。


  ただし、我々の間では「ウルトラC」が存在するのです。


  それは、パスポートなしでも出国、そして日本に入国できる技があるのです。


  これを行うのにはそれなりの理由や無ければやりませんけどね。


  9・11以降はで無理でしょうけれども・・・・。


  このパスポート紛失、一週間に一回はありましたねぇ〜・・・・。


  浮かれているのはわかるけど、そのくらい自分で管理してよぉ〜


   子供じゃないんだから〜。



5・これは僕の会社の扱いではなかったのですが、


  「花嫁失踪」・・・何てこともありましたねぇ〜。


  計画的とも思えたこの事件、他社のことであったので詳しくは知りませんが、


  この事件は日本でも話題になったとか・・・。


  どうせなら、日本で失踪してよ! 
  
  海外まで来て、他の国の大勢の人に迷惑かけてさ。
   
  


この業界にいなかったら、わからなかった日本人の実態。


今海外で話題になってるかの国のマナー・・・他国のこと言えないと思うのです。


その昔の日本人もそうであったのだから。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。