Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

「筋トレ」と「人間力」•2

昨日は「筋トレ」を始めた理由などを。


人間の身体とは環境に順応する「能力」を持っています。


今の筋肉量では生きてはいけないよぉ〜と脳を騙すことが「筋トレ」です。


なので、筋肉にある程度の「負荷」をかけていく作業。


この「負荷」が重要なんです。


いつもいつも同じ重さの「負荷」であると、


脳は、「大丈夫だよ、この程度の負荷じゃ筋肉なんて必要ないじゃん」


と判断し発達を止めてしまう。


ここで必要なのが、いつもの重量よりも重いものを持ち上げる、


新たな「刺激」が必要です =  限界がいつもより自分に近くなります。


筋肉の発達には、この「限界」を超える必要があるのです。


いつもより2.5kg増やす、そうすると10回できていたものが、8回程度になる。


この時限界を超えるために12回程度を目指す。


10回目を超えるあたりで、手がプルプルしだし、「もう無理ぃ〜」となる。


これを超えなければ、筋肉は発達しないのです。


最後の力を振り絞ってなんとか決めた回数を行う。


この「限界」を超えることが非常に重要なんです。


あらゆる場面で、生きていて「限界」を超えることって余り遭遇しませんよね。


特に僕の場合仕事で限界を超えたことあるか? う〜ん一回程度・・・笑。


それが筋トレでは常時必要なのです。


これが習慣になれば、あらゆる場面でも通用するようになります。


全てにおいて自分の限界を超える快感、面白いっすよぉ〜。


「面白い」というのは、


アドレナリンが出まくると一種の陶酔感覚に浸ることができるようになります。


ちなみに筋トレ後のシャンプー、手が頭まで上がらないので難儀します・・・笑。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。