Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

え? うそ!

今日は、「ブランド品」について、その昔とある人からお話をおうかがいし、
へぇ〜世の中そんなものなのか〜と妙に納得。


ブランド好きな人には、ある意味「ショッキング」な話かも知れませんし、
お気を悪くしたのなら、ごめんなさい。


さて、本題。


世に出回っている「超高級ブランド品」実は二流品、三流品だとか・・・。


「本物の高級ブランド品」(何を持って本物とするかはさておき)とは
世の中には決して出回らない。


なぜかと言うと、一つ、一つ熟練の職人の手によって作られ、材料も当然のごとく
希少価値のものしか使われないために、唯一無二のものとなる。


この品物はどこへいくかと言うと、各国の「王室」もしくは「皇室」。


なるほどね、じゃ、世の中に出回っているものは? 


大量生産されたそのブランド内での二流品、三流品 =「世間では超高級ブランド品」


ブランド会社の方々は口を揃えて、「それは違う!」
と言うのは目に見えてる、そんなこと知っていても言う筈がない。



僕はブランド品は嫌いでもない、
やはり値段が高いだけあって使っている素材もいいし、何と言っても「色」が違う。
他の製品と比べて見ても、「色味」が何とも言えず上品さを醸し出している。


値段が高いから心持ち、そう見えるだけかも知れませんがね。


ただまぁ、こう言った現実もあると考えると、
物の見方が変わってくるのかも知れませんし、
世の中こんなもんかと思うと気楽です・・・。










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。