Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

本物を見極める目・・・を持ちたい。

「本物」とは一体何でしょうねぇ〜?


世間が勝手に付けた一流品ってことですかね。


以前のブログにも記しましたが、僕は「ブランド」ものには興味がない。


けれど、年相応に本物を見極める目を持ちたいと思う。


それが大人の品格でもあるのだと思う。


ただ値段が高けりゃいいってものでもないと思うけれど、


世間で言われている「本物」や「一流品」と言うのは、値段が高い。


そりゃ当たり前で、生地やものの希少性や質が高く、


製造過程には数十年の経験を重ねた職人の技術力、そうたぶんこの技術力に


対価を支払うのだと思う。


多分こう言った職人達は、1mmの誤差にも拘るのだと思う。


スーツ、革靴、ネクタイ、万年筆、ビジネスに関連するものばかりだけど、


イギリス・仕立スーツ(王室ご用達)、ましてスーツの本場中の本場、


一着何と50万円ほどするらしい。


イタリアで修行した日本人が作る革靴、


ひとり、ひとり、足の木型からおこし制作に約半年余り、約30万。



まだ現役の営業だった時に一度だけ(一度だけです)


30万のゼニア(イタリア)のスーツを購入・・・仕立て頂いて・・・


着ている感覚がないほどに軽い・・・そして全ての動きにフィットしてくる。


纏わりつく感覚と違う、全ての動きについてくるような・・・とでも言うのでしょうか。


シワにできないと思い、電車ではまったく座れず・・・ので大変疲れます。


こんなんじゃ、まだまだです!


ただ思ったのは、一点豪華主義と言うのはダメですね。


スーツが30万ほどであれば、靴やネクタイ、ワイシャツなどもそれ相応のものを


着ていないとバランスが取れないのです、当然中身(本人)然りです・・・汗。


あ〜ダメだこりゃ! まだ無理・無理と思った次第・・・・笑


ただ、こういったものを着たりしても似合う風格と、


値段ではなく、本物、もしくは本質を見極めることができる目を持ちたいものです。



        上述の「靴」、上品さが漂ってると思いませんか?


           


まぁ、こんな靴履いて雨でも降ってきたら・・・・


  そんなこと考えること自体・・・庶民・・・なんでしょうねぇ〜笑。




    
















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。