Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

地平線に沈む夕日

日本、特に東京ではこの景色は無理だと思うのです。


「地平線に沈む夕日」イコール遮るものが何もないと言うこと。


オーストラリアには山らしい山は存在しない、平坦な大陸。


シドニーからパースへバスで旅した時のこと。


ちょうど東から西への移動、距離にして約4000Km、


若いときお金がなかったので当然バス移動、3昼夜走り続ける。


その道中、約150km近い直線道路(ナラボー平原)がある。


左側は断崖絶壁と海、右手は見渡す限りのアウトバック(荒野)。


そんな中に道が一本、ズ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜とまっすぐ。


この道で眺めることのできる地平線に沈む夕日は格別。


やはり大陸だ。


夜になると、対向車のヘッドライトが見えても中々すれ違いしない。


それほど距離が離れている。


日本では中々経験できない。


日本に戻ってきて数十年が経つ今、こんな景色が遠い記憶の彼方から


突然蘇ってくる・・・なんでだろう。


地平線に沈む夕日、改めて見てみたい。













×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。