Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

一考してみるのも。

つい先日、オウムの何人かの刑が執行された。


この問題は欧州各国からも非難の的となっている。


先進国でこの死刑を執行しているのは日本だけ。


僕も以前からこの行動には違和感を覚えている。


合法的とは言え人が人を裁き、


人が人を殺している行為には変わりがない。


ここで「死刑廃止」論議をするつもりはない。


戦争も同様に国家による殺戮はある意味認められている。


法律も戦争も人が作り出し、決断し、人が行なっている行為である。


どこがどう違うのだろうか。


当然、被害に遭われた方々の気持ちは僕に推し量ることはできない。


ここで僕の意見や考えを正当化するつもりもない。


ただ、机上での勉強や判例を基に法律と言うシステムの名を借り、


人が人を殺す行為には素直に賛成はできないのも事実。


夏の暑い日に考えることではないかも知れないけれど、


一度は考えるべき問題でもあり、いい機会なのかも知れない。 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。