Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

ウゥ〜難しい。

今共に働いている同僚、本来は福島へ他のスタッフと異動の筈だった。


ただ彼はある病気のために、ドクターストップがかかり単身赴任ができない体である。


僕が派遣された時には、反応が遅く、喋り方も反応が鈍く、


こういう性格なのかなぁ〜と思った程度だった。


あれから半年程度経ち、病気がかなり進行している状況のように思える。


作業自体も大袈裟でもなんでもなく、人の3〜5倍の時間を要する。


細かい作業が主に苦手なようだ、パソコンのキーボードをうつなども、極端に遅い。


彼にはまだ大学生と高校生のお子さんがいらっしゃる。


ただ、今の状況では通常の業務に支障をきたしているのは歪めない。


これから年末に向けて、どんどん忙しくなる。


彼のペースではここの業務がパンクしてしまうのは目に見えている。


ただ医者は通常の業務に支障なしとの判断をしている。


彼の年齢と、また病気が彼の再就職を難しくするのは事実。


体を使う作業やデスクワークのどちらか一方でもこなせれば配置換えも視野に


入れるけれど、その双方ともに問題があれば・・・。


福島にいる上司には逐一報告はしている、倒れられては問題であるので。


彼を取り巻く家庭環境や立場を考えると・・・


ただ、業務にこれ以上の支障があるのであれば、お客様に迷惑がかかることになる。


その前にこちらが彼の仕事までカバーしていると、パンクする・・・。


なんとデリケートな問題であると共に、難しい問題でもある・・・。


いやぁ〜どうしたものか・・・


課長とも話をしたのだが、再度医者の判断を仰ぎ、総務に相談するという。


結果どちらに転んだとしても、なぜか釈然としない自分がいる。


決して健常者だけの社会ではいけないし、


弱者と共生できる社会や会社でなくてはならないとも考える。


ただ綺麗事では片付かない、奥が深い問題とも・・・ウゥ〜難しい・・・。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。