Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

まずは、

バックグランドと何が問題?から。


我々は「A」と言う部署にいます。


槍玉に上がっているのは海外拠点からものを仕入れる購買部「B」とします。


我々の海外拠点は、中国に2ヶ所、アメリカに2ヶ所、他に、タイ、チェコ、


メキシコの8拠点になります。


余り詳細は明かせませんが、その国仕様の車のある部分を作るには、


その国で作っている部品を使う必要があり、それを取寄せて日本で試作品を


作成し、日本のメーカーに卸すと言うのが我々の部署の仕事です。


いわゆる新車用に新しい部品を設計・作成するそんな部署なのです。


それがオーケーとなると、量産(大量生産)に入る、入り口の重要な部署です。


その8拠点からの部材を調達するのが購買部の仕事です。


やっていることは至極簡単で、A部署からの依頼によりB部署が手配をする。


簡単ですよねぇ〜・・・笑。


ここで何が問題となっているかは、


・それぞれの国民性が全く日本のそれとは違い・・・
 1)納期を絶対と言っていいほど守らない。
 2)鉄製品が多いので、運搬の途中で錆びが発生してしまい使い物にならない。
  (運搬と言っても航空機を使っていますよ・・・笑い)
 3)梱包が全くなっていないので、部品同士の干渉がひどく傷が多い。
 4)オーダーした部品が平然と全く違う部品が入ってくる。


この中で何が問題かと言うと、やはり1)なのです。
こちらがリクエストした日付より遅れること2ヵ月程度
忘れた頃に日本に届くと言うのもしばしば。
まぁ、2)〜4)も問題ですが、現地の教育次第でどうにでもなるものかと。


当然我々とメーカーの間では、契約が取り交わされ納期も明確になっている。


営業や設計、我々の部署もその納期を基準に動いている。


購買の仕事とは、オーダーを受け、それを現地に発注し、こちらの希望通りの


日付に日本に部品が届くことが仕事だと考えるのだが、


おっとどっこい、弊社の購買はそうはど〜も考えていない様子なのですよ、これが。


オーダーしたらしっぱなし、それ以降全くチェイス(追いかけ)していない、


だから納期なんていい加減、異品や不良品混入も当たり前になってしまっている。


購買には、


オイオイ国民性が違うからと言って納期の2ヵ月後はあり得ないだろうよ!


納期を明確にオーダーしているの? 


部品番号や梱包方法など都度教育しているの?


納期が近くなってきた場合、きちんと問い合わせをしているの?


全ての質問に対して胸を張って「YES」・・・汗。


どう言った機会だったかは忘れてしまいましたが、


海外とB部署との経緯のメールを見ることがあったので、ボケ〜と見ていたら・・・


頭に血がのぼってきたのを今でも覚えています。



ここに到るまで、ま、色々とありましたが当然割愛はしています。


簡単ではありますが、こんな経緯があります。


普通にですよ、極々普通に考えれば、何一つ難しいことなんて要求していない、


そう思いませんか?


                                                     to be continued.


















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。