Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

英語は本当に必要なのか?な

今2050年が問題になっている。


日本の人口が1億人を割るという問題。


シビアな統計では、8000万人程度になるという試算も。


これでは経済が回らない・・・?
労働力が不足する = 高齢者が増える(自分も含め・・・笑)


ってことは、かのアメリカやオーストラリアのように移民が必要となるのは
必然ではないのかな〜。


って、ことは今の若い方達が非常に受難な時代になりますよね。


お隣の大国の方が上司になることだってあり得る・・・・。


こりゃ、根本的に文化が違うのだから、そりゃ対応する方も大変・大変。


公用語はどうなる? 日本語? 英語? 中◯語? 


多分、多分だけど英語だと思います。


英語を喋るだけでは対応はできない・・・


なぜそのような考え方になるのか?


なぜそのような行動をとるのか?


もっと深い意味での英語ができないと・・・と思うのです。


甥っ子、姪っ子に大学なんて行ってないで、世界一周でもしてきた方が
いいと言っても、「暖簾に腕押し」「馬耳東風」・・・・。


言葉は文化だし、いくらトーイックが満点だと言っても
本当の意味でのコミュニケーションが取れなければ意味がない・・・・。


僕は2050年には存在していないでしょうねぇ・・・(笑い)
いや、ギリで生きてるか・・・??


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。