Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

犬に関すること・3

今日は犬の「叱り方」になります。


これは簡単です、母犬の子犬に対する動作を見ていれば良くわかります。


母犬は無言で、自分の足を子犬の首におき伏せの状態まで押しているのが


良くわかります。


これが、「いけないこと、やってはいけない」との子犬に関するサインなのです。


ヒステリックに声をあげても犬にはわかりません、ましてや人間の言葉は・・・。


犬は人間の言葉を理解していると良く言われていますが、


言葉を理解しているのではなく、音で判断していると言われています。


なので犬に対するコマンドは短い方が効果的です。


僕は犬に対してコマンドは英語を使っています。


なぜかと言うと、日本語の「お座り」一つとっても言い方が沢山あり、


犬は迷ってしまいます。


そこへ行くと英語は「お座り」は「sit」の一種類しかありません。



悪いことをしたら、「いけない」と言うサインを決めるのも手かも知れません、


それを見た時、された時「いけないんことなんだと」犬は理解する。


ただそういったコマンドは根気強く行ってくださいね。


犬は成犬で人間の3歳児程度の脳力(または能力)と言われています・・・







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。