Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

海外にいると。

「チューリップさん」のコメントに触発された今日のブログです。
(チューリップさん、ごめんなさい勝手に話題にさせて頂きましたが、
 非常に貴重なコメントだったため題材にさせて頂きました)


海外にいると、「日本のこと」を色々と質問される。


また自分が日本人であることを嫌と言うほど「浮き彫り」にされます。


通訳の資格試験の勉強していた時期があって、こりゃ英語ができる・できない


以前の問題だなと感じました。


「畳」・「歌舞伎」これ伝統的な日本独特のもの、


何百字以内で英訳しなさいと、こんな出題がある。


「もの」自体は知っている、けれどそれがもつ歴史的背景や詳細までは


わからない・・・と言うか知らないし日本語でさえ説明できない。


こりゃ、教養の世界・・・僕とは無縁の世界・・・


いやぁ〜恥ずかしい・・・日本人として。


オーストラリアにいるときにとても印象的な出来事が。


ユースに泊まっているときに、盛んに議論している若者(当時僕も若者・・・)


何の議論をしていると思いきや、1800年代のクリミア戦争の話題を。


「お前の国がそうだったから、あ〜だ こ〜だ」と延々と続く。


自分に置き換えてみると、日本人として日本のことでさえ


うわべだけの歴史しか知らない。


議論できるほどの知識がない、勉強をしていないって言うかその素地さえない。


日本人としてとても恥ずかしい・・・反省させられる出来事でした。


日頃使っている「箸」英語でなくとも、日本語で説明できますか?





PS
チューリップさん、貴重なコメント本当に有難うございました!


繋がる瞬間

よく、ふとした瞬間に、「あっ! そうか〜そうだったのか!」


とか、「え? それって解決策じゃん!」


と、いう経験ありませんか? 


ま、よく言う「トイレ」に入っている時がメジャーだったりしますが・・・笑い。
(お食事中の方がいらっしゃったらごめんなさい)


これ、普段全く頭の中になかったことが、ある日突然に「ヒラメク」ってやつです。


結論から言ってしまうと、その「ヒラメキ」と言うのは、


右脳が左脳と繋がるときに起こる現象らしいのです。


左脳は、「思考や論理」を司る機能、それに対して「右脳」は五感を司る動物的な役割


だそうです。


左脳で、色々と考えて・・・日々考え抜いても結論が出ないとき、


そして「あ〜もう疲れた! また考えよっと!」的なことになるのらしいですが、


その途端「左脳」はその問題については休止状態、


ですが「右脳」はその問題については日々動いているらしいのです。


そして答えが見つかると、右脳から左脳へ伝達され、「ヒラメキ」となって


具現化されるのだそうです。


よく発明家の方に多く聞く現象だと思います。


ただその本には、普段頭を使っていない人が、この「ヒラメキ」を


望んでも無理だってことが書いてありました。


そりゃそうですよね、タネがなければ花は咲かないのと一緒ですね。


長所を伸ばしたほうが。

人ってそれぞれ、短所があって長所があって・・・。


これってもろ刃の剣だと思うんですよね。


僕を例にとってみると、


・気が短い ・・・  物事の進み具合が早い。


・面倒くさがり ・・・ 効率的に物事考える。


・いい加減 ・・・ ストレスを溜め込まない。


んな感じです。(どれだけポジティブなんだか・・・)


ただ、短所は短所と捉えて改善努力しても、修正きかないですよね。


僕の場合無理でした・・・ (笑い)


人間の本質って、ちっとやそっとで、おいそれと変わるものでもない。
(お!開き直りだ!)でもそう思います。


何かの本で読んだことなんですが、


「長所を伸ばす」、この努力のほうが短所をただす努力の半分以下で済むらしい。


また、長所を伸ばすことによって、短所をカバーできる。


んじゃ、どうやって伸ばすか???


それは、他人でも、自分のことでも褒めることじゃないかと思うんです。


チューリップさんのブログにありましたが、
(チューリップさん、すいません、勝手に話題にさせてもらって)


やっぱり、人って「褒められる」と嬉しいですよね、仕事でもプライベートでも。


日頃頑張っている、「自分を褒めてあげる」ことも必要なんだと思います。