Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

合理的!

なんと合理的なことか・・・。




僕の父親がドイツの会社に勤めていた時の話、


月に3日でも残業した日には・・・「解雇」だったそうだ。


なぜかって? 


そりゃ就業時間内に仕事が終わらない=終われる能力がない。と、いうこと。




これは、友人の兄がアメリカで宝石鑑定士の資格を取る時に聞いた話。


年に一度しかないこの試験、3回受けてダメだった場合は受験資格を損失。


なぜかって? 


そりゃ「この試験に対する能力がないから、別の道に進みなさい」と、いうこと。




これは、僕がイギリスの会社に勤めていた時のこと。


日本ではよく仕事で接待をする、時には数十万も使うことも。


銀座なんかいった日には50万持ってたってドキドキする(足りるかな???)
最も現金は持ち歩かず、カードですけど。


やはり数十万以上使うときは上司に稟議を得なければならず、


「カクカクしかじか」と説明し、かえったきた答えが、


「いくら使おうと構わないが、いつ・どの程度のリターンがあるのか?」 


それをはっきり明示しろ・・・・返す言葉が見つからず・・・・でした。


このことが「合理的」かどうかはわからないが、


「ここは日本だ、少しは日本の商習慣くらい勉強してくれ!」と叫びたかった。


「行間を読む」とか、「侘び・寂び」とか、こんなこと通用するのは日本くらい・・・


合理的な諸外国とこの独特な文化の日本・・・


「グローバル」なんて言葉がこの日本に定着するのはいつの日になることやら・・・。


PS
ちなみにこの時の上司は、「ユダヤ人」 世界中でも富豪の多い人種、
さすが! と感心させられた出来事でした。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。