Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

本物を見極める目・・・を持ちたい。

「本物」とは一体何でしょうねぇ〜?


世間が勝手に付けた一流品ってことですかね。


以前のブログにも記しましたが、僕は「ブランド」ものには興味がない。


けれど、年相応に本物を見極める目を持ちたいと思う。


それが大人の品格でもあるのだと思う。


ただ値段が高けりゃいいってものでもないと思うけれど、


世間で言われている「本物」や「一流品」と言うのは、値段が高い。


そりゃ当たり前で、生地やものの希少性や質が高く、


製造過程には数十年の経験を重ねた職人の技術力、そうたぶんこの技術力に


対価を支払うのだと思う。


多分こう言った職人達は、1mmの誤差にも拘るのだと思う。


スーツ、革靴、ネクタイ、万年筆、ビジネスに関連するものばかりだけど、


イギリス・仕立スーツ(王室ご用達)、ましてスーツの本場中の本場、


一着何と50万円ほどするらしい。


イタリアで修行した日本人が作る革靴、


ひとり、ひとり、足の木型からおこし制作に約半年余り、約30万。



まだ現役の営業だった時に一度だけ(一度だけです)


30万のゼニア(イタリア)のスーツを購入・・・仕立て頂いて・・・


着ている感覚がないほどに軽い・・・そして全ての動きにフィットしてくる。


纏わりつく感覚と違う、全ての動きについてくるような・・・とでも言うのでしょうか。


シワにできないと思い、電車ではまったく座れず・・・ので大変疲れます。


こんなんじゃ、まだまだです!


ただ思ったのは、一点豪華主義と言うのはダメですね。


スーツが30万ほどであれば、靴やネクタイ、ワイシャツなどもそれ相応のものを


着ていないとバランスが取れないのです、当然中身(本人)然りです・・・汗。


あ〜ダメだこりゃ! まだ無理・無理と思った次第・・・・笑


ただ、こういったものを着たりしても似合う風格と、


値段ではなく、本物、もしくは本質を見極めることができる目を持ちたいものです。



        上述の「靴」、上品さが漂ってると思いませんか?


           


まぁ、こんな靴履いて雨でも降ってきたら・・・・


  そんなこと考えること自体・・・庶民・・・なんでしょうねぇ〜笑。




    
















Google翻訳機能

この機能はまだあまり鵜呑みのしないほうが良いかと思います。


昨日ツイッターの件ブログにアップさせて頂きましたが、


中東の方だけでなく、ロシアの方もフォローしてくれている方が多く


ましてロシア語など知る由もありませんので、


コピペしてグーグルの翻訳機能を使ってみるのですが、


なんとまぁ・・意味の分からない日本語が出現します。


英語なら分かるのですが、英語の翻訳もまだまだと言った感じです。


ただ他の言語よりかは幾らか「まし」程度です。


翻訳機能も発展途上と言ったところだと思います。


これから先、AIがどんどん進んできて10年もしない間に、


ホントに通訳なんぞ必要ない世の中が出現するのでしょうね。


ただグーグルのマップ(グーグルアース)、これは非常に便利ですよね、


昔住んでいたオーストラリアの街並みや、通り沿いなどタイムリーに、


今の風景が楽しめるので、お〜まだこのグローサリーストアがある!


なんて、懐かしんでいます。



な、なんかぁ〜(ツイッター)

先日ツイッターの件ブログに掲載させて頂きました。


現在、フォローが1400人、フォロワーが750人程度で約半分。


最近妙に気になる事があって、フォロワーが増えることは有り難いのですが、


なぁ〜んか中近東方面の方が非常に、非常に多くて・・・少々汗・・・なんです。


僕のツイッターは当然日本語なので、フォローしてくれた方全員が日本語に


精通しているとは想像しにくい・・・し、僕も彼らの記事は読めるはずも無い・・・。


ましてブログと違い毎日更新はしていません、「つぶやき」もせいぜい週2回くらい。


まぁ、あまり偏見を持っても失礼ですし・・・とも思うのですが・・・。


う〜ん不可解です・・・・ここ、2〜3日で100人以上増えてしまって・・・。


なんでかなぁ〜・・・不思議・・・です。


こういった現象ご経験された方いらっしゃいますか? 


PS
時間があれば、このブログページの右横にある、「リンク」にツイッターを
貼り付けていますので、お気軽にみて下さい。