Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

AUS版「新婚さんいらっしゃい」・vol.2

さて、


「下ネタ」で申し訳ないのですが、今回もです。


これは、僕が直接関わったことではなく、


同僚から聞き及んだ話であることをご了承ください。


お客様には、必ず担当者から「緊急時ための携帯番号」を伝えます。


病気の際とか、我ら凡人には「考えも及ばない緊急時」のために。



ある晩、この携帯が鳴ったそうです。(当時の携帯は弁当箱と呼ばれていました)


ま、毎晩のことですから、あまり驚きもしません。


お客様:「すいません、至急ホテルまで来てくれませんか?」とのご依頼。


担当者も夜中ですから、翌朝も早いのでホテルまで行きたい訳もなく、


担当者:「どうされました?」


お客様:「・・・・・・・」


担当者:「あの、理由がわからないと対処の仕様がありません」


こんなやりとりが数分続いたようです。


担当者も電話では「らちが明かない」ので仕方なくホテルまで行くことに。


ホテルに着いて部屋を訪れ、ドアをノック。


ベッドルームまで通され・・・


訝しがる担当者、夜中で新婚さんのベッドルーム・・・どう考えてもおかしい・・・


奥様がご病気か?


部屋に入った瞬間、驚いたことにベッドシーツ、一面が血の海だったそうです。


担当者:「ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜殺人かぁ〜・・・・・」


    : け、けいさつ・・・呼ばな!  下手したら私も殺されるかも・・・。


そりゃ、焦りますわな・・・・奥様はピクリとも動かない。


そこから旦那さんの説明がボソボソ始まったとのことでした。


                   そんな説明より救急車でしょ!


結果として、旦那さんの「いちもつ」が大き過ぎて、


奥様のそれが裂けてしまったとのことでした。


その晩は、上から下への大騒ぎ・・・だったらしいです。




そりゃ、電話で説明できる内容じゃないわな・・・・・。


嘘みたいな出来事です・・・にわかには信じられない。


でも、「うそ!」みたいなことをやらかしてくれるのが「新婚さん」なのです。




教訓その2


何事もほどほどに・・・です。


大き過ぎず、小さ過ぎず・・・「いい塩梅」が・・・。


                        世の男性諸氏へ。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。