Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

物事の本質って?

今日はちょいと「スーツ」のこと。


男性諸氏ならご存知かと思われるが、


スーツの起源はご存知だろうか?


回答を言ってしまうと、その昔の「軍服」から端を発している。


よくアメリカ映画なんぞの海兵隊のワンシーンとか見ていると、
ピッカピカに磨かれた靴とバックル、そしてシワ一つないパンツ(ズボン)
そして襟元がきちっとした軍服。


これが本来のスーツの姿なのです。


サラリーマンのころ、しわくちゃのパンツ、丈があっていないパンツ、
袖が長すぎる上着、スーツに白のソックスを履いている御人、
そして極め付けが運動靴のような黒い靴をよく見かけたものだ。


軍服=スーツとまでは言わないが、「隙」があってはならぬものだと思うのです。


その名残がバーバリーのコート、今でも右胸の所に覆いかぶさっている
一枚の布があるのですが、これ何だかお分かりになりますか?


その昔、そこに「手榴弾」をぶら下げていたものだそうです。


ビジネスもしかり、「隙」だらけでは競合他社に負けてしまうのですぞ!



今や有名になった「鎌倉シャツ」の創業者のブログに面白い記事があったので
ここで拝借。


彼が確かイギリスへ行った時のこと、


「お前のワイシャツになぜポケット」が付いているんだ?


「え?」


ワイシャツとは軍服の下に着る下着であるために、ポケットなど
必要ないと言うのに気付かされたとあった。
ワイシャツを作っている彼にとっては気恥ずかしい思いで一杯に
なったと記されたように記憶している。


物事には、このように本質と言うものがあるのですねぇ。


こう考えると、「物事」って言うのは奥深くて、面白いです。


色使いがシンプルだけど、Cooooooooool です。
こんなおじさんになりたいものです。












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。