Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

アメリカの綿と日本の綿。

これ結構マニアックな題ですよね。


まぁ、スルーして頂いても構いません。


僕はどちらも好きなのですが、簡単な特徴を。


=アメリカ綿=
「ザックリ」という言葉がぴったりな綿です。


なんかセーターみたいな感覚ですが、そんな言葉しか見つからないのです。


あの広大な乾燥した大地で取れる「綿」、綿の中に乾いた空気を含んでいて、


またそれをゆっくり・ゆっくりと昔の機械で編むので余計にザックリ感が増すとか。


その昔は「ヘインズ」が好きで好きで白Tは何枚も持っていました。


当時(30年ほど前・・・笑)確か、一枚¥2000か¥3000ほどしてました。


たかっ! ですよね、でもあの感触は忘れられません。


また何年も着ていると当然首周りがよれてくるのですが、ビロ~ンではなく


あくまで「ヨレ」これがまたいいんですよ、着古している感じで。


=日本の綿=
アメリカが「ザックリ」という言葉で表現するのであれば、


日本の綿は「シットリ」かなぁ〜、そのジメジメではなくて、


身体にまとわりつくようなフィット感、優しい着心地とでも言うのでしょうか。


この感触、これはこれで好きです。


やっぱりその土地、土地の気候や風土が影響してるんですね。


これ多分、人間にもね・・・笑。


でもこの感覚はあくまで個人の感覚なので、誤解なきよう・・・です。


PS
今のヘインズ・・・最悪です。
あの頃のヘインズはありませんが、それに近いものといえば、
やはりアメリカの、「Fruit of the Loom」が一番近いです。


あ〜久々にティシャツ のこと語ってしまった。
そうそう僕はそのティシャツ 屋です!・・・笑。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。