Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

もがいている時には

僕は学生時代に10年程テニスをやっていました。


世間で言うところの体育会系。


勉強そっちのけで・・・笑、夏も冬も正月も関係なく。


ちょうど中学3年の後半に絶不調・・・に。


面がおかしくなってボールがスライスし、思うようにコントロールできない。


やればやるほど深みにはまって行く・・・


また当時軟式はダブルスしかありませんでしたから、ペア相手に迷惑をかける。


自分のミスで試合には負ける日が続きます。


相手も顔では笑っているものの、彼の心情は理解できる。


「何やってんだよぉ〜いい加減にしてくれ・・・」が手に取るようにわかってしまう。


相手はそれほど考えてもなかったかも知れない・・・。


でもそんな時はドンドン悪い方向へ自分で自分を追い込んで行く。


ちょうど受験の時期だったので、テニスを休まざる得ない時期が半年程。
(勉強? いえいえ遊び呆けていました・・・糸の切れたタコ状態・・・笑)


この時だけはテニスを忘れて・・・いた期間でした。


ま、これがいい気分転換になったんだと思います。


高校へ入って、恐る恐るラケット握り、乱打をしてみると、


以前の僕のテニスに戻っている、いやそれ以上の僕に・・・。


正直、びっくりしたのを今でも覚えています。


焦っていたあまり身体中の筋肉がこわばり、


本来のテニスができていなかったんだと思います。


テニスを忘れていた半年、体がリラックスして本来の僕の体に、


力が抜けて、それまでに積み重ねてきたものが一気に開花した感じでした。


好きなことを続けていても、誰にもスランプってあると思うんです。


怖いかも知れないけど、


少しの間休憩してみるのも一つの手だと思うんです。


生きていることも一緒かなと・・・。


遠回りかも知れないけど、意外と自分が思うほどそうではなくて、


それまでの自分以上の実力を発揮できるかも知れません。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。