Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

横断歩道にみる日本人の特徴。

日本人は信号は守る。


特に横断歩道などの歩行者用の信号。


ま、最も最近の日本人のモラルの低下に疑う余地もないとは思うけど。


ただまだまだ世間一般に存在するルールを比較的守るのが日本人。


僕が海外に住んでいた時に、これが文化の違いかぁ〜と思ったのが、


都会でも田舎でも、横断歩道の歩行者用の信号は決して守らない・・・


「赤」でも平気で渡る。


日本人の面白いと言うか、どこまでも真面目な一面とでも言うのか、


明らかに車の往来がなく、車の姿が見えなくても歩道の信号が「赤」であれば、


決して渡らない、渡っている人もいるとは思うけど、稀ではないかな。


西欧ではあくまで個人主義、何をしようとあくまで個人の責任で自由である。


そこへいくと日本人は、右ならへの傾向が強い。


信号が何色であろうと、誰か一人でも渡るとそれにつられて数人が渡ろうとする。


依頼心が強いと言うのか、誰かが渡るから・・・みたいな感覚なのかな。


横断歩道の渡りかた一つとっても、文化の違いが見られる。


面白い現象の一つ。


明らかに車がこない左右100m以上も車の影が見えないそんな道、


横断歩道の歩行者用の信号が「赤」でもあなたは「青」になるまで待ちますか?


それとも・・・、


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。