Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

昨日の回答

昨日の英訳の回答・・・をと。


問題文:明日何が起こるかわからない」


英語的回答? :「Nobody knows what tomorrow brings.


これが最も自然な英語表現だと思う。
当然言葉なので、あらゆる表現方法があるのは承知はしているが
これがいちばんしっくりくる。


多分大半の方が、
「I don`t know・・・」と始めたのではないだろうか。
決して間違いではないが、不自然な英語だと感じる。
それが日本の今までの英語の教育方法なので仕方がない。


ま、言葉なんぞはコミュニケーションの一つの道具なんだから
それほどこだわる必要もないとも言えますけどね。
要は通じりゃいいんだ! これ大事!っすよ。


ただ、私が中学生の頃、意味もなく「英語」がすごく好きだった。
そして「アメリカ」に憧れていたものです。
今でもやはりアメリカにはとてつもなく魅力を感じるのです。
理由はわかりません。


それが高じて、オーストラリアに行ったのですから。
(なぜアメリカではないって? 当時お金がなかったからです・・笑い)


その頃の、リップカール・ビラボンの
(今や世界的に有名なサーフブランドになりましたが)
販売していたティシャツやトランクスなどは至極かっこよかった。
ゴールドコースト、サーファーズにあるモールの一角に
「ブラザースニールセン」と言うサーフショップがあって、一日中そこに
入り浸っていたもんです。


たまに日本人客がくると、色々と通訳(カタコト)してあげて、そのバイト代と
して店からティシャツをもらったもんです。


その頃のデザインのティシャツが欲しい・・・と今までずっと思ってたんですけど、
ネットで探してもなかなか見つからない。
デザインがシンプルで、色使いがうまくて、それでいて存在感があるT。


売ってないんだったらいっそ作っちゃえ、んな単純が動機から始めたティシャツ屋。


今日も挑戦が続きます!







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。