Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

論理的思考=人情?

一見矛盾するこの言葉。


けれど、全くもって矛盾などないのです。


(相当昔の話ですので・・・悪しからずです)



無茶苦茶数字に強くて、仕事上では論理的な思考をもつ上司。
(どれほど論理的かは長くなるので、この際省きます)


現場は僕を含めてほぼ同年代の20代後半ばかり、


いつも残業、残業、残業・・・いくらやっても終わらない、キリがない


折角オーストラリアで生活しているのだから、少しは仕事だけではなく


プライベートライフを満喫したい・・・と思うのはごくごく自然なこと。


とうとうある日、僕も含めて皆の日頃の不満が大爆発・・・


マネージャーでは話にならないので、


直接その上司に鼻息荒くして直談判、


上から抑え込まれると思いきや、


大人しく聞き入って全員の不満を吸い上げる・・・。


「よし、わかった、お前らの不満は全て解決するから少し待て」


全てを? ましてそんなすんなりと? 拍子抜けの我々。


一ヶ月も立たないうちに、本当に全てを解決してくれた。



その代わりあとが怖い・・・怖い。


「お前らの不満は全て解決した、今度は俺のリクエストは全て聞け」


とは、言わないけれど無言のプレッシャー。


「はい、分かりました」と思わざるを得ない。


そんなことがあってコミュニケーションが出来始めたそんな上司、


非常に論理的な思考をもち、仕事上では一切の感情を排除している。


そんな上司と飲む機会が増えてきたころで思い切って聞いてみた、


「なぜそれほど論理的に考えられるんですか?」


彼曰く、


「僕は実に情に脆いタイプなんだよ、


 だから論理的に考えないと私情が入ってしまって判断が鈍るんだ」・・・と。


本当は人情味があって非常に優しい人なんだなぁ〜。


人はうわべだけでは本当にわからない・・・・つくづくです。


ただこの人と一緒に仕事をしていると、緊張感・集中力が伝わってきて、


こちらの後頭部まで痛くなってくる、そんな仕事力をもつ人です。


だけど、プライベートは


酒は好き、女は好き、と、そこいらにいるサーファーとなんら変わらず。
(サーファーはそんな人ばかりではありませんよ、念のため)


そんなところも尊敬すべき上司でした・・・。


「英雄色を好む」・・・ですかね。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。