Jworks Surf-T Sandyのブログ 

サーフィンや自然に関する事、ティシャツのこと、日々のこと。

「腹筋」を鍛えてみる

今日はちょい筋トレのお話を・・・


日常の生活にも役に立つ・・・腹筋が弱ってくると腰痛になりやすい。


サーフィンをしていると、この「腹筋」はよ〜く使うのです。


サーフィンは、特に身体の「B面」(あはは、レコード世代です)


後ろの筋肉を使うのですが(背筋、二の腕等々)、


テイクオフの時、身体を引き寄せるのでこの腹筋が重要となります。


テイクオフが遅いと、コケるのです。


さて、前置きはこの程度にして、


「腹筋が50回も100回もできる」と言う人がいますが、


これ、「腹筋に効いていない」からできるのです。


僕が行っている腹筋運動は、10回もできるかできないか・・・です。


下手をすると腹筋が「つります」・・・(笑い)


まずは、腹筋の構造から・・・


腹筋(筋肉)だけは、他のどの骨とも繋がっていません。


どの骨とも繋がっていないので、鍛えにくい=伸縮しにくいのです。


では、なぜお腹に贅肉やつきやすいか?


脳は頭蓋骨で守られている、心臓は肋骨で・・・人間の重要だと思われる


部分には何かしらで守られている。


ただ、腹筋の部分は何もない・・・だから自ずと内臓を守るため、


(筋肉が減ってくると)このにっくき「脂肪」がついてしまうのです、


ある意味仕方のない・・・ことなんですが・・・?。


この原理をお分かりいただいた上で、


イメージとしては、お腹をパンチされると、クィっとお腹を凹ませる


身体の状態が「く」の字のポーズをしますよね、腹筋を固める=防御能力


ただ、これだけ、これが一番腹筋に効いているので、これを応用すれば良いのです。


言葉にすると非常に難しいのですが、


・横に寝そべります。


・膝を立てます


・頭の後ろに手を・・・これは普通の腹筋のポーズ


・頭を少し持ち上げ、膝に近づけるようなイメージ


・この時に、「息を吐いて」、限界まで吐いてください


・ここまでくると腹筋がかなり固まっていてコチコチのはずです。


・限界まで吐いたら、一度息を吸って再度限界まで息を吐く


「腹筋を固めている」と必ずイメージしてくださいね。


このイメージをしていると、自然とちょい頭が膝の方向に近づいていきます。


これを3〜5回続けてみてください。


10回以上できちゃったら、効いていない証拠です(笑い)


筋トレ大国・アメリカでは筋トレ時間に非常に時間を使っていると


思われがちですが、いえいえ、合理的な人種、そんなわけはありません。


筋肉隆々の人でさえ、一回の筋トレ時間長くて30分程度、


短い人なんかは15分程度らしいです。


ジムにきてサクッとやってサクッと帰っちゃうらしいのです。


なんでも、集中力だとか・・・・


いやはや日本の筋トレ事情「ガラパゴス」なんですねぇ〜。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。